革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

行政書士なら、定年に縛られずいつまでも活躍も可能に!

行政書士が、定年しても充実したシニアライフを送れるとは本当? 
行政書士は、今はちょっとしたブームの資格で、定年後にやりはじめる人も増えています。

定年後に第二の人生をどうするのか? これは高齢化社会では切実な問題ですが、
今は60~70代に入ってもまだ元気な人たちがたくさんいる時代です。
完全に社会から引退してしまうよりは、仕事を何かしたいと思うのが当然でしょう。
また、社会とつながりを保っておく上でも、仕事をし続けることは意味があることでしょう。

そんなときに行政書士は、定年してから目指す資格としてかなりいい条件を備えています。
「士業」ですから、夫婦で事務所を経営するようなことも現実的に考えられますし、
デスクワークが中心の作業となりますから、肉体的なハンデはあまり意識することはありません。
それに顧客と会ったり官公署に出向いたりと、出歩く機会もわりとある仕事ですから、
残りの人生を、エネルギッシュに過ごすこともできます。

行政書士のこの特徴は、定年をすでにしている世代(たとえば「団塊の世代)は
もう定年ラッシュを数年前から迎えていますね)に注目されるだけではありません。
もうじき定年する世代の人たちも、行政書士になることを考えはじめています。
それから、まだ定年まで何十年もあるような、まだ若い世代も、
自分の人生設計を練るにあたって、定年のルールから完全にフリーである行政書士の世界に
飛び込むことに真剣に熱い視線を送りはじめているようですね。

行政書士になるのもすぐにできるわけではなく、試験に合格したり登録手続きを踏んだりと
やらないといけないことがいくつもあります。時間や費用がかかるほか、
努力しないといけないことも出てきます。
行政書士になることを夢見るなら、自分がいま何歳かに関係なく、今すぐに第一歩を
踏み出したほうが得策でしょう。

このホームページでは、行政書士になることに関心を持ちはじめた定年後、あるいは定年前の
人たちに役に立つ情報を掲載しています。もちろん、まだ若くても、定年する年頃になっても
働いていける資格を欲している人たちにとっても役立つ情報も含みます。
行政書士に受かるための方法もアドバイスしたいと思います。

行政書士の合格率に関しての記事はこちら


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法