革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

行政書士とは、定年後もチャンスが盛りだくさんの仕事

行政書士とは、最近は老弱男女を問わず、未来に期待を持てる資格として
注目されている資格ですが、いまだに行政書士と会ったこともない人や
仕事を頼んだこともない人が多いことは間違いありません。
行政書士とはいったいどんな仕事をする職業なのでしょうか? 

行政書士とは、行政の手続きに使われる書類を、依頼人の代わりに作成するためにある資格です。

行政手続きをするときは、書類にはそれぞれフォーマットがあります。
市役所に出す書類のように簡単につくれてしまうものもありますが、
かなりややこしい項目に分かれている書類もたくさんあります。
特に企業がさまざまな事業を行うにあたっては、業種ごとにさまざまな書類を提出して
許認可を受ける必要があります。行政書士とはそれらの書類作成を代行する仕事なのです。

行政書士とは、弁護士ではないため依頼人に代わって法律行為をするようなことは
認められていません
が、21世紀に入ってから、書類の提出を代わりに行うことまでは
認められるようになり、今後も少しずつ認められる仕事が増やされていく可能性もありえます。

ここまでの説明だけでも想像できるかもしれませんが、
行政書士とは、定年しても、体力や年齢のハンデを背負わずにやっていける
珍しい仕事でもあります。
法の定めにしたがって書類を正確につくり上げる能力があればいいわけですから、
体力や筋力が必要になることはありません(といっても、じっと室内にこもって
働くとは限りません。必要に応じてあちこちに出掛けることは頻繁にあると思ってください)。
しっかりとした法的知識・行政手続きの知識を持っていて、
いつでも高い見識を備える努力を続けている限り、
何歳になっても仕事を受けていくことができます。
何歳になるまで働くかは自分しだいですし、
それこそ働く日や休む日も自由自在に決定できます。

行政書士は働き方に幅があるので、年齢の区別なく志願者が出てきている仕事です。
定年前後の世代にしても、もっとずっと若い世代にしても、「同じことを考えている人が多い」
ことをよく理解してどうすればうまく行政書士になれるのかを早く知ったほうがいいでしょう
次ページ以降も説明は続きます)。


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法