革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

行政書士が定年後でもスタートできる理由とは?

行政書士は定年後に働きたいときに、おすすめできる条件がいろいろとそろっている資格です。
数ある国家資格の中でも、行政書士が定年後にふさわしい資格・ふさわしい仕事となる理由
の中で特に大きなものを披露しましょう。

・開業するときに高額の資本金を必要としない
定年後に違う仕事をはじめたいと思ったとき、資金繰りのことはしばしばネックになります。
退職金等を使うことができるとしても、極端に設備投資が必要なのでは
かなり無謀に思えてしまうでしょう。

ただし、行政書士だったら登録するときにまとまった金額(20~30万円くらいです)が
かかるくらいで、あとは事務所にしても無理にいい部屋を借りる必要はありません。
自宅を事務所として登録することも認められていますから、
実際に定年後の行政書士開業者や主婦の行政書士は、
自宅の一部を事務所代わりにしている例がよくあります。

もちろん、事務所をしっかりとよそに借りて、本格的に開業する人たちもいます。
いずれにしても定年後に行政書士になったら、
仕事のはじめ方に選択の自由があるということですね。

・定年後に自分のペースで行政書士としての仕事をこなしていける
定年後も働きたいとはいっても、会社員だったころとまったく同じように働くことを
希望している人たちばかりではないようです。時間にゆとりがあることを願う人も多いですが
行政書士は個人経営ですから、仕事の量は調節できます。

それに行政書士の報酬体系は自分で決める余地もあります。さすがに相場と離れた金額では
問題がありますが、1件で10万円や20万円単位になる案件もたくさんある世界です。
「1ヶ月に1~2件の仕事をこなしたら、残りの期間は休みにする」といった働き方を
定年後にしている行政書士も当たり前のようにいます。

※行政書士がこのように、融通がきく仕事であることは、開業するときにも有利に働きます。
 
 たとえば、定年後に開業するのではなく、定年前に行政書士資格を取得して、
開業をゆっくりと試していくこともできます。
いきなり開業をするのは怖いこともありますが、
行政書士は自宅での開業もできるわけですから、小規模に仕事をとって
(定年前だったら「週末だけ少しずつ仕事をしていく
といった手もありえます)ことも
不可能ではありません。


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法