革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

行政書士の試験問題を解剖してわかる法則とは?

行政書士の問題は、どの年もなかなか巧妙に作成されています。
行政書士の試験問題をうまく解く方法は、これまでの試験問題を何回でも見ることによって
把握できます。

行政書士の試験問題には、「合格ライン」といった決まりがあります
行政書士の問題は、「法令科目」「一般知識科目」とに分けられていますが、
・法令科目(全244点)
・一般知識科目(全56点)
科目別に合格ラインがあって、
・法令科目(合格ライン122点)
・一般知識科目(合格ライン24点)
となっています・
※ここにあげた点数は、今後若干の変更が入る可能性があります。

早い話が法令科目では50%の正解を出すことがノルマで、
一般知識科目では約40の正解を出すことがノルマとなっているのです。

そして、この2科目を合計すると点数は300点ですが、全体の点数についても
「180点」というノルマがあります。全試験問題の60%正解しないと合格できないのです。
全体でも合格ラインがあり、科目別に合格ラインがあるため、
1点や2点の差で涙をのむ受験者が毎年いますが、定年して残りの人生が長くない受験者や、
定年の時期を過ぎてもずっと働ける仕事を探している勤労中の受験者にしてみれば、
数点の差で落とされることは耐えがたいでしょう。

ここで、試験問題の仕組みに目を向けるべきです。行政書士の試験は
合格率が毎年一定の数字に落ち着いています。ただ難しいだけだったら、
どんどん合格率が下がってしまってもおかしくはないですが、
ここに「毎年の試験問題には共通点が多い」という裏があります。

毎年の試験問題が変わらないはずはありませんが、
よく問題になっている部分があったり、問題の出され方にくせがあったりと、
例年の試験問題は、新たなる行政書士の試験問題の草案に必ず採用されていくのです。
ここからわかることは、行政書士の例年の試験問題をみっちり研究してきたまじめな受験者には、
合格のチャンスが何倍
も増えるだろうということです。

行政書士の試験勉強では、教科書も大事ですが過去の試験問題も大事です。
試験問題をよく研究すればするほど、得点力はどんどん底上げされるといってもいいほどです。
行政書士の過去問題は簡単に手に入りますが、優秀な指導者が手を染めている
学校や通信講座で手に入れるのがベストです(通信講座によっては、
過去問専門の講座を設置して本格派の対策を施してくれる会社もあります)


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法