革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

行政書士の合格は、勉強の方法を間違えないことに尽きます

行政書士の試験に落ちると1年後まで待たされる羽目になりますし、合格は1回の受験で
決めたいものですね。定年後に開業するので時間がとれる、という人でも、
行政書士は難しいですから合格するのに時間やエネルギーを使いすぎるべきではありません。
そこで、行政書士の合格を揺さぶりそうな、勉強方法の選択について解説します。

行政書士の勉強をするときは、通常は、学校に通わないと合格は望めないものでしたが、
今だったら通信講座を使うことも考えられます。学校ばかりを探している人たちもいますが、
学校に行くことは絶対に成功するでしょうか? 

・定年する前だったら? 
定年まで何年、あるいは何十年と時間がある場合だったら、
ほとんどの行政書士希望者は仕事や家庭があるはずですから、合格のための勉強は
時間との戦いになるでしょう。仕事や家事の合間を縫って
行政書士合格のための勉強時間をつくり出すのは、本当にひと苦労だからです。

つまり学校に行こうとしても、休みがちになって失敗する人がたくさんいるのです。

・定年後に勉強に手を出すのだったら? 
定年後でも、実はたいして事情は楽にはなるわけでもありません。
「定年して時間がとれるようになったら、通学する時間もたくさんとれるような気がする

かもしれません。確かに仕事を抱えながら通学している受験者よりも
だいぶアドバンテージがありますが、これが意外と長続きしないもののようです。

人それぞれで性格も事情もバラバラですから、
行政書士に合格するまで根気よく通学し続けられる人もいますが、
定年して体力もめっきり弱ってしまうと、週に数回の講義に通うのも
しんどく感じられるものです。

通学講座に通うのだったら、学校がものすごく近くにあることが絶対条件でしょう。
学校が少しでも遠いなら、相当よく考えないといけません
(甘い予測から、通学をはじめて失敗する社会人受験者は
多いですが、定年している世代にも驚くほど多いのです)。

行政書士の通信講座は、そんな学校に通いにくい受験者の都合に合わせるために
整えられてきたサービスです。通信講座に対してあまりいいイメージがない人も、
特に定年前後の世代には多いかもしれませんが、最近の通信講座は非常に進歩しています。
教材が劇的に進歩していますから、「教室に入らない」「先生の前で説明を聞けない」
というハンデを見事に補える
ように精巧につくられているのです。

今の通信講座は、時間や体力を節約しながら行政書士に合格できる実力を蓄えていける
洗練された勉強法になっています(さすがに、どの講座でもOKではありませんから、
どの講座を選んだらいいのかは次のページから説明していきたいと思います)。


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法