革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

行政書士に定年後にデビューするなら、費用についても確認を

定年後に行政書士として成功を収めたいなら、合格後のヴィジョンは早いうちから具体的に持つようにしておくことがおすすめです。行政書士は基本的には開業型の職業で、大きな成功から、大きな失敗までいろいろなコースが考えられます。

定年者や、定年に近い年代が行政書士試験を受ける場合、そのような厳しさについては簡単にイメージがつくかもしれませんね。ただし、資産状況については波があるようです。年齢にふさわしい財産を持っているパターンは多いようです。しかし、リストラで合ったり家庭の都合で合ったりと、財産が残っていないパターンだってあります。近年は不況続きでしたから、金銭的なゆとりがない定年者もいるわけです。

幸い、行政書士は開業の際に元手がたくさん入用となる資格ではありません。しかし、そろえないといけないものはありますし、出費はそれなりに迫られることになります。

・登録の費用
都道府県ごとに行政書士の連合会は分かれており、開業する地域で登録を済ませる必要があります。登録の費用は地域によって差があるのですが、どこでも20~30万円くらいはかかるものと思ってください。いろいろな費用を合計すると、必ずそれくらいの額になるのです。

・開業の費用
事務所を持つことが多いですが、最初のうちは自宅を事務所兼用としてもかまいません。
ただし、名刺や電話のように、必ず最初から確保しないといけないものは出てきます。
自宅を使う場合なら、自宅にあるものを仕事でも使えることは事実ですが、それにしても限界はありますね。封筒や印鑑も必需品といってよいでしょう。

・宣伝や広告の費用
これは重要ですね。自分が開業したことを世間に知らしめないと、依頼は絶対に入りません。現在は、事務所の公式Webサイトを持つことが常識化していますが、これにしたって数十万円単位のコストがかかるのが普通です。

開業にあたって、いろいろなところから融資や援助を受けることは可能でしょう。ただし、融資であれば必ず返さないといけませんし、審査だって甘いものではありません。そのような厳しさについては、説明するまでもないでしょう。
いずれにしても、開業にあたって数十万円は確保していないと困難が生じることは覚えておきましょう。資産に余裕がない場合は、それをどうやって工面するのかも計画的に進めていく必要があります。


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法