革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

定年世代に必要な営業とは

行政書士の看板だけで仕事は来ない!


仕事で営業を経験していない人の多くは、営業という行為に苦手意識を持っているのではないでしょうか。
定年世代になって、行政書士としていきなり営業しなければならないとなれば、余計に難しく感じますよね。

その理由として、営業とは、手当たり次第に飛び込み営業する、テレアポをするなどの、マイナスのイメージがあるからだと思います。
しかし、まったく営業をしなければ、仕事は入ってきません。

定年世代の営業とは、「自分を知ってもらうこと」だと思って、気軽に取り組んでみることをお勧めします。

行政書士の看板を出しているだけで仕事が取れるほど甘くはないので、まずは、自分を知ってもらうことが大事です。
そのために、どんなことができるでしょうか。


<SNSの活用>

フェイスブックなどのSNSは、多くの人に自分を発信できるツールです。
ホームページと比べると、準備がとても簡単で今すぐにでも始められるのが良いところです。
また、利用者も多いので見てもらえる確率も高いでしょう。
SNSでは、知り合いや、友人、友人の友達などとつながれます。
そういった人たちに、仕事のこと、自分の人となりを常に発信していれば、何かがあったときに「「そういえば・・・」と思い出してもらえます。

自分が行政書士になると忘れがちですが、行政書士などの専門家に相談したり依頼することは、一般的に敷居が高いことです。
だからこそ、知っている人を頼って相談したいものなので、たくさんの人とつながっておくことは大事なことです


<異業種交流会>

一般のお客さん一人一人とつながっていくことももちろん大切ですが、お客さんを束ねているような相手に対しての営業も欠かせません。
どういうことかというと、たとえば税理士の場合、法人の顧客をたくさん抱えているでしょう。
それらの法人に対して、行政書士ができることはたくさんあります。
建設業の許可や、宅建免許、その他の許認可関係の仕事です。
税理士を通じて紹介してもらえば、先方の信頼も得やすく、仕事につながりやすいといえます。

一つ一つの法人に当たるより、法人の顧客をたくさん抱えている税理士に営業することで、一気に見込み客を増やすことが出来るのです


成果が出やすいところへの営業に集中する


定年世代の営業のポイントは、行政書士を歓迎してくれる対象に絞るほうがうまくいく、という点です。
前述の飛び込み営業などは、「え?行政書士って何??」という反応もあります。

しかし、知り合いや他の士業は、「そのうち何か頼むかも」「提携しておけば、顧客のメリットにもなる」と、行政書士を歓迎してくれることが多いものです。
最初から受け入れてくれる態勢のところに営業するほうが、気持も楽だし結果も出やすいでしょう。

この他にも、ホームページを作ったり、会社員だったころの取引際に挨拶に行ったりと、やりやすい営業はあります。
自分の経験を生かしやすい方法、取り組みやすい方法を考えて、コツコツ営業を行っていきましょう。


>>予備知識や記憶力に自信がない人でも合格できる効率勉強法